自動車の走行データ

  • 作成日:2014年03月19日 最終更新日:2014年03月19日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 自動車の走行データ
データの所在・所有者 本田技研工業
データ収集方法やコスト 約150万人の会員から5分おきに収集。
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 フローティングカーデータ:GPSから得られる「時間」※個人を特定するデータなどは含まれていない。|フローティングカーデータ:GPSから得られる「位置(緯度・経度)」※個人を特定するデータなどは含まれていない。
データの概要説明 約150万人の会員から自動車の走行データを5分おきに収集。1カ月あたり約1億km分のデータを取得/分析する。渋滞地点を避けたルートを案内したり、走行時間短縮によりCO2を削減したりできる。震災時には通行可能な道路を把握するのに役立つ
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス カーナビ側で車速データのマッチング サーバ側でもスクリーニングを行い、無意味なデータを排除(コンビニに寄っただけなどの行動と渋滞との区別をつける)
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) ・VICS情報(道路交通情報)の渋滞予測の精度を独自に高めたり、様々な目的に応じたルートをサーバ側で計算し提供したりしている。 ・渋滞地点を避けたルートを案内したり、走行時間短縮によりCO2を削減したりできる。震災時には通行可能な道路を把握するのに役立つ。 ・急ブレーキポイントを抽出し、その原因を道路管理者が現場調査をして対策を行うことで、事故を未然に防ぐ(2007年 埼玉県)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 被災時の安否確認 エンターテイメント

その他

自由記述 http://www.keyman.or.jp/at/infosys/bi/30005950/ それぞれの車の「位置」と「時間」というシンプルなデータは、どの車種からも得られる普遍的なものであり、それがゆえに非常に大量のデータを集めることが容易になっているようである。 今後は、車両間でのデータ通信などによって、被災時の安否確認やエンターテイメント方面の発展も期待される。
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。