nbaにおける各地点でのシュート軌道と成功率の関係

  • 作成日:2022年01月14日 最終更新日:2022年01月14日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 nbaにおける各地点でのシュート軌道と成功率の関係
データの所在・所有者 NBA data analystics
データ収集方法やコスト https://www.nba.com/stats/から該当データを摘出する
データの共有について 一般的に共有してよい
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 グラフ 数値 映像 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 シュート成功率(%)|1990年から2020年までの時系列|距離(m)|初速度|打点の角度|など
データの概要説明 nbaを観戦しているとシュート軌道が低い選手や高い選手など様々な選手が見受けられるが、どちらがより良いのかは例えばシュート地点などによっても変わると思う。そこで各シュート地点ごとにそのデータを集めることで関係性が見られるのではないかと考えた。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 1990年代、2000年代、2010年代、2020年代にわけて 各地点ごとに距離、および打点の高さ、角度、ボールの初速度などのデータとシュート成功率の重回帰分析を行う
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 各年代で距離が近いごとにシュート成功率が上がる 年代が近年に近づくにつれて距離とシュート成功率の相関が上がる。というのも近年の3ポイントシュートがより評価される傾向があり各選手が練習に励んでいるからだ。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 軌道を打点、角度、ボールの初速度から導き軌道とシュート成功率の関係を見たい。

その他

自由記述 個人的にNBAを観戦することがとても好きなのだが、NBAをデータ分析できたら面白いなと思い扱った。 また、提出が遅れてしまい申し訳ありません。
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ
  • ※知識グラフ:このデータに関するソリューション・要求および関連するデータの関係性を示すグラフ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。

関連するトピック

関連するトピックはありません。