豪雨災害時の住民の避難率の推移

  • 作成日:2022年01月12日 最終更新日:2022年01月12日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 豪雨災害時の住民の避難率の推移
データの所在・所有者 地方自治体
データ収集方法やコスト 自治体による計測
データの共有について 一般的に共有してよい
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 人々の状態変数(避難か自宅待機か)|豪雨の規模
データの概要説明 豪雨時の避難率を時系列データとして集める。 自治体ごとに推移を比較することで、どのような豪雨対策が有効か判断する指標になる。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 自治体ごとに時系列データを可視化する。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) シグモイド関数のような形に推移する。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 避難率の推移と豪雨対策の程度の相関を調べれば、どのような豪雨対策が有効か検証できるかもしれない。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール 自治体が取っている豪雨対策
可視化情報
サンプルデータ
  • ※知識グラフ:このデータに関するソリューション・要求および関連するデータの関係性を示すグラフ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。

関連するトピック

関連するトピックはありません。