ぬか床の漬けた年数とそのぬか漬けをおかずに食べるご飯の進み方

  • 作成日:2021年01月08日 最終更新日:2021年01月08日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 ぬか床の漬けた年数とそのぬか漬けをおかずに食べるご飯の進み方
データの所在・所有者 個人
データ収集方法やコスト ぬか床年数の異なるぬか漬けを提供し、米を食べ終わるまでの時間を測定する。
データの共有について 一般的に共有してよい
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 その他 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 米を食べ終わる時間、ぬか床に漬けた年数
データの概要説明 ぬか漬けは日本の誇らしい文化であるが、ぬか漬けの味はぬか床に漬けた年数により大きく異なる。 また、ぬか漬けとは、一般的に米の食べ合わせとして提供される。そして、 米食には進む時と進まぬ時が厳然と存在する。 しからば、ここにぬか床の年齢と米の進み方に何らかの関係が見出されると考えることは不自然ではないだろう。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス ぬか床に漬けた年数ごとに分類したぬか漬けを、被験者に食べさせ、米を食べ終わるまでの時間を測定する。 そして、両者に相関が存在するかを検定する。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) おそらく、関東と関西で結果は異なるだろう。というのも、おそらくだがぬか漬けはつければつけるほど味が濃くなる。すると、薄味が市民権を得ている関西ではぬか床の年齢の若いところで米食時間の極小値が見られ、関東ではそれよりもぬか床の年齢の高いところで米食時間の極小値が見られるだろう。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 きゅうり、人参、なす等つけられている野菜ごとに考えても面白いかもしれない。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。