フードロスの量とGDPの推移データ

  • 作成日:2021年01月07日 最終更新日:2021年01月07日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 フードロスの量とGDPの推移データ
データの所在・所有者 WHOのフードロスデータ IMFのGDP推移データ
データ収集方法やコスト 文献からの収集
データの共有について 一般的に共有してよい
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 国名 | 時間 | フードロスの量 | GDP
データの概要説明 世界中の国それぞれについて、その国のフードロスの量とGDPの推移をまとめたデータ。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 各国のGDPとフードロスの量を一連の時系列データにする。 GDPとフードロスには強い相関係数があると考えられる。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) フードロス/GDPの値の推移を割り出すことができ、どちらのほうが増加/減少スピードが大きくなるのかがわかる。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 フードロスの推移は、その国の肥満率と相も関関係があると考えられる。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメント一覧

  1. 上土井猛 より:

    日本、アメリカ、西欧、ブラジル、南アメリカのデータをいただきたいです。
    どうぞよろしくお願い致します。

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。