自転車利用可能道路

  • 作成日:2018年11月05日 最終更新日:2018年11月05日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 自転車利用可能道路
データの所在・所有者 国土交通省
データ収集方法やコスト 性別、年齢、車種など多様な条件で自転車で区内を走り回る。 国土交通省から自転車レーン設置区画のデータをもらう。 自転車利用者からの情報提供。
データの共有について 一般的に共有してよい
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 テキスト 時系列 画像
データの変数(パラメーター)の変数名 時刻|歩道の広さ|年齢|番|車道の広さ|車線形態|運動経験|丁|区|安全な区画の連続性|性別|自転車の種類
データの概要説明 東京五輪開催時に混雑が予想される地域において、自転車用レーンが設置されている区画、もしくは車道・歩道が十分に広く、自転車が安全に走行できる区画のマッピングデータ。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 地図へのマッピング
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) ある時刻における、年齢、性別、車種などに合わせた適切な自転車ルートを提示するナビ。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 安全なルートと自転車レンタルポイントの設置地点の関係性。 駐輪場の必要な地域がわかるかもしれない。

その他

自由記述 時間帯別自動車交通量のデータがあれば、自ら自転車を走らせる回数を減らせる可能性が高い。 裏道なども網羅できるとベスト。
入手したいデータ/ツール 時間帯別自動車交通量
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。