電車の混雑度データ

  • 作成日:2017年12月04日 最終更新日:2017年12月04日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 電車の混雑度データ
データの所在・所有者 東京大学工学部
データ収集方法やコスト 授業から得た知識、考察
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 テキスト
データの変数(パラメーター)の変数名 電車の1時間あたりの本数|各駅で乗り降りする人数|ある人が電車に乗る人数に応じて乗る車両を帰る確率|電車の車両数
データの概要説明 電車の混雑度を計算、シミュレーションによって導き出すためのデータ
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 電車エージェント、乗客エージェントを用いてシマルチエージェントミュレーションを行う。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 上記のシミュレーションで混雑度の現状が把握できる。 また、車両間混雑度差の平準化を図るために、1時間あたりの電車の本数の上限を設定し(コスト的な問題)、別の電車に乗る確率、各駅で乗り降りする人数の数などを変更してシミュレーションし、命題の解決のために利用する。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 上記とは別に、時間帯別混雑度差の平準化の解決を目指すことが出来るかもしれない。 その場合は各エージェントの時間的制約が加わるので、シミュレーションが困難になる可能性がある。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール 電車の1時間あたりの本数、電車の車両数、各駅で乗り降りする人数、ある人が電車に乗る人数に応じて乗る車両を帰る確率、マルチエージェントシミュレーション
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。