マルチタスクにおける脳内リソースの独立性

  • 作成日:2017年06月12日 最終更新日:2017年06月12日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 マルチタスクにおける脳内リソースの独立性
データの所在・所有者 配布論文資料1
データ収集方法やコスト 授業で配布された論文資料
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 グラフ テキスト
データの変数(パラメーター)の変数名
データの概要説明 マルチタスクにおいて使用されるリソースは、タスクによって独立している。例えば、歩行と暗算のマルチタスクにおいて、運動リソースと視覚リソース、また暗算の出題方法に応じて聴覚リソースが使われていることが考えられる。この時、暗算タスクの難易度や出題方法によって、認知タスク負荷は変化するが、歩行による運動タスクの負荷は影響されない。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。