職場のパワーハラスメントに関する 実態調査報告書

  • 作成日:2016年01月28日 最終更新日:2016年01月28日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 職場のパワーハラスメントに関する 実態調査報告書
データの所在・所有者 厚生労働省
データ収集方法やコスト オープンデータ
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 グラフ テキスト
データの変数(パラメーター)の変数名 テキスト
データの概要説明 職場のパワーハラスメントの実態を把握し、この問題が発生する要因の分析や予防・解決に向けた課題の検討等を行うことを目的として実施した調査の報告書。職場のパワーハラスメントは、近年、都道府県労働局や労働基準監督署等への相談が増加を続け、ひどい嫌がらせ等を理由とした精神障害等による労災保険の支給決定が増加しているなど、社会的な問題として顕在化してきている。これらの状況を踏まえ、厚生労働省では、平成23年7月から、職場のパワーハラスメントの予防・解決を目的として、「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」、「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」を開催した。このワーキング・グループにおいては、平成24年1月に、「職場のパワーハラスメント」の概念とその行為類型について整理がなされ、平成24年3月には、円卓会議において、職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた取組等について、提言が取りまとめられた。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。