メーカー別世界携帯電話シェア

  • 作成日:2015年10月18日 最終更新日:2015年10月18日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 メーカー別世界携帯電話シェア
データの所在・所有者 ICT総研
データ収集方法やコスト 調査会社から収集
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 テキスト 数値 画像
データの変数(パラメーター)の変数名 携帯電話普及率|IT競争力|人口|OS
データの概要説明 2015年第2四半期の世界携帯電話出荷数は前年同期比2%増の4億3460万台となり、そのうち8割がスマートフォンであるという。また2%伸び率は過去2年間で最低の値となっており、中国、ヨーロッパ、アメリカ市場の伸び悩みが原因であると指摘されている。メーカー別にみてみると、ファーウェイの出荷台数は3,060万台となり、前年同期の2,060万台から大幅に増加。市場シェアは7%まで広げ、マイクロソフトを抜き世界3位となった。中でも「Ascend Mate7」ような4Gに対応したモデルが好調のであるという。 出荷台数・シェアで1位となったのはサムスン。今期の出荷台数は8,900万台であるものの、前年同期の9,530万台から後退。シェア率も22.3%から20.5%へと落としている。 2位はApple。出荷台数は前年同期比35%増の4,750万台でシェア率も8.2%から10.9%へと伸ばしている。 4位に転落したマイクロソフトは前年同期の5,030万台から2,780万台にまでに減少させ、シェア率も11.8%から6.4%まで落とし、ファーウェイに抜かされてしまっている。Windows 10を搭載したモデル待ちの状況だ。 5位には中国のXiaomiが位置づけている。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 携帯電話普及率が低く、人口の多い国のメーカーが伸びていると思われる。日本と世界のOSシェアの違い、中国メーカー台頭。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) チャイナリスク、アメリカ国防、Windows10,IOS,Android
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 国防上の理由から、中国製携帯電話の普及は、中国国内が主な市場、HUAWEI,Xiaomiの技術力は世界トップレベル

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。