平岡可視化ツール

  • 作成日:2014年01月16日 最終更新日:2014年01月16日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 平岡可視化ツール
データの所在・所有者 東京大学大澤研究室
データ収集方法やコスト
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 テキスト 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 発言者情報|時系列情報|テキスト情報(単語ベクトルに分解されているとなおよし)
データの概要説明 過去になされた議論の内容を把握するためには、議論構造が可視化されていると分かりやすい。そこで我々は、個々の発言がなされた時間情報を利用して、議事録から議論構造を自動的に可視化する手法を提案する。提案手法では、発言に含まれる単語の登場箇所のばらつきや頻度から、トピックやキーワードを段階的に抽出することができる。 (人工知能学会全国大会の研究の概要より抜粋)
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 単語の使用頻度を時系列データと見た時の標準偏差・平均を利用する
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 特徴度の高い語(ある一点で頻繁に使われている単語) 一般生の高い語(議論全体にわたって使われている単語) などが段階的に分かる
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 発言者ごとに発言を辿れるので、その人の思考プロセスが分かる

その他

自由記述 作成者が効果的な使い道をいまいち分かってないので、ぜひ工夫して使ってみて下さい!!
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。