人体20箇所の座標データ

  • 作成日:2013年11月06日 最終更新日:2013年11月06日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 人体20箇所の座標データ
データの所在・所有者 東京大学大澤研究室
データ収集方法やコスト 大澤研究室実験室にて被験者に実験を行ってもらい、それをキネクトでセンシングすることにより、データを得られます。
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 その他
データの変数(パラメーター)の変数名 座標データ|座標データを取得する時間間隔
データの概要説明 人体20箇所(頭、両肩中央、右肩、左肩、右肘、左肘、右手首、左手首、右手、左手、脊椎、腰中央、右腰、左腰、右膝、左膝、右足首、左足首、右足、左足)のx,y,z座標データが得られます。 xy座標平面の原点はキネクト画面の中心、z座標はキネクトからの距離を表します。単位はm(メートル)です。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス エクセル分析ツール
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 時間ごとの座標データ、被験者の行動の速度や動きの総量の時間変化が分かる。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 映像データやtwitterと組み合わせ、被験者の思考状態に特有の行動パターン検出。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。