Ferromanganese nodules analysis state

  • 作成日:2021年12月23日 最終更新日:2021年12月23日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 Ferromanganese nodules analysis state
データの所在・所有者 Kato, Nakamura & Yasukawa lab., Univ. Tokyo
データ収集方法やコスト From observation and documents
データの共有について 研究目的において共有可
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 テキスト 数値
データの変数(パラメーター)の変数名 sample ID (mining site, dive No., ID No.), size, state, core class, analysis state (CT, XRF, ICP-MS, Os isotopic analysis), storage place,
データの概要説明 For rare metal resource development, ferromanganese nodule attracted much attention. However, we don't have much information about ferromanganese nodule. In order to find out its origin and feature, we should conduct some analysis. This data shows state and progress of ferromanganese nodule analysis.
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス Analyzing the feature of ferromanganese nodules depending on their mining site, state, size, or core class.
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) Example Site **** tends to have round and Core I type nodules, while Site **** has angular and Core IV type nodules.
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 For decision on which sample should be analyzed next. Samples are a lot and selecting sample is very important process for success research. I hope that researcher can make an appropriate selection of ferromanganese nodules from this dataset.

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ
  • ※知識グラフ:このデータに関するソリューション・要求および関連するデータの関係性を示すグラフ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。

関連するトピック

関連するトピックはありません。