車両走行データ

  • 作成日:2021年07月09日 最終更新日:2021年07月09日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 車両走行データ
データの所在・所有者 トヨタIT開発センター
データ収集方法やコスト トヨタIT開発センターがセンサーから取得している
データの共有について 一般的に共有してよい
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 車の固有番号|時間|車が通った場所
データの概要説明 どの車がいつどこを通ったかのデータである
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 時間帯・地域によるドライバーの運転の特徴や車種の分析 信号の表示時間を変更させた時のシミュレーション
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 朝はトラックが多いが夜は自家用車が多い、朝は平均速度が高いが夜は平均速度が遅い 朝はトラックが多いため、今よりも信号を青にする時間を長くしたほうが車の流れがスムーズになる
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 環境への影響の分析、信号によってアイドリングなどをする時間が変化するため、環境への影響を最小化するような信号の表示時間を導き出せる。 新しい道路をどこに作ったらいいか、車線数を増やしたらどうなるかのエージェントシミュレーション(車線数を増やせばその分だけ全体の車の流れがスムーズになるという単純な話はない)

その他

自由記述 特に無し
入手したいデータ/ツール 車を所有・運転している個人のデータがあればなお良し 「車両走行センサデータからの自動パターン検出」、大阪大学櫻井・松原研究室HPを参考にした
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。