日本の労働力状況データ

  • 作成日:2021年01月08日 最終更新日:2021年01月08日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 日本の労働力状況データ
データの所在・所有者 日本総務省統計局
データ収集方法やコスト 実際に調査員が訪問して記入の説明と調査票の配布を行い、再び訪問して調査票を回収する
データの共有について 一般的に共有してよい
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 時間(1997年10月など)、労働力人口,就業者数・雇用者数(雇用形態別(正規・非正規雇用者など),産業別,職業別など),就業時間,完全失業者数(求職理由別など),完全失業率,非労働力人口
データの概要説明 日本の就業・不就業の状況を把握するため,一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約4万世帯の方々を対象に,毎月調査して得られたデータ
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 時期による失業率の変化をグラフ化する 労働別の雇用者数を棒グラフ化する
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) コロナ禍では失業率が上がっていることの確認など
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 失業率と他のデータとの相関を見るなど

その他

自由記述 約四万件による調査で十分の調査数なのでデータ信頼度は高い 他にも日本総務省統計局には有用なデータが多いので活用の価値が高い
入手したいデータ/ツール 地域ごとの労働力状況のデータ
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。