Ni(OH)(2)@MnO2锂离子电池材料

  • 作成日:2019年08月23日 最終更新日:2019年08月23日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 Ni(OH)(2)@MnO2锂离子电池材料
データの所在・所有者 www.mgedata.cn
データ収集方法やコスト 王博
データの共有について 研究目的において共有可
データの共有について (その他を選ばれた方) just for research purpose

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 テキスト 数値
データの変数(パラメーター)の変数名 循环效率,循环后容量,循环次数,电流密度
データの概要説明 Caterpillar structured Ni(OH)(2)@MnO2 core/shell nanocomposite arrays on nickel foams (CS Ni(OH)2@MnO2 NFs) are synthesized by a facile hydrothermal method. The nanocomposites consist of Ni(OH)(2) nanosheets which are coated by a series of ultrathin MnO2 nanosheets as a secondary nanostructure. As an anode for lithium ion batteries (LIBs), the as-fabricated CS Ni(OH)(2)@MnO2 NFs show an improved electrochemical performance, which delivers a high specific capacity of 2223 mA h g(-1) in the initial discharge process and retains a reversible capacity of about 1210 mA h g(-1) after 80 cycles at 200 mA g(-1), corresponding to a capacity retention of 74.4% with comparison of the second cycle. CS Ni(OH)(2)@MnO2 NFs also show a remarkable rate capability of 650 mA h g(-1) after 100 cycles while cycling at 1000 mA g(-1). The improved electrochemical performance can be ascribed to a large surface area, more efficient electrolyte penetration, and multifunctionalities offered by the individual components of the caterpillar core/shell nanostructure. In addition, the self-supported nanocomposite arrays on NFs greatly simplify the fabrication processing of electrodes without applying a binder and conductive additive, which provide good electrical contact between the active materials and the substrate. Hence, CS Ni(OH)(2)@MnO2 NFs are promising anode candidates for lithium-ion batteries. 文献DOI:10.1039/c5ra21944b
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。