AIによる広告生成におけるターゲットマーケティング品質のデータ(架空データ)

  • 作成日:2019年05月16日 最終更新日:2019年05月16日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 AIによる広告生成におけるターゲットマーケティング品質のデータ(架空データ)
データの所在・所有者 広告出向者(クライアント)、広告消費者(cookieなど)
データ収集方法やコスト Analyticsによる分析 消費者FB
データの共有について 条件により共有可(必要に応じて交渉)
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値
データの変数(パラメーター)の変数名 広告表示数|クリック数|コンバージョン|獲得効率|ターゲットの種類数|顧客満足度|消費者購買意欲|長期的なブランドイメージ
データの概要説明 AIによって広告を生成する広告制作会社を仮想する。 AI広告の優位性はターゲットの嗜好や行動を分析し学習することで、ターゲットに合わせた広告を低コストで作成できることである。 このデータは、広告生成AIのターゲットマーケティングの品質を測定するためのものである。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 制作会社(自分)ー広告出稿社(顧客)ー広告閲覧者(消費者)の関係の中にAnalyticsを導入し計測
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 一般の広告に比べて高いミート率
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 AIへの入力により学習&さらなる精度向上

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール 一般的な広告のデータ(比較対象)
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。