各Web広告に反応したユーザーの情報(架空データ)

  • 作成日:2019年05月16日 最終更新日:2019年05月16日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 各Web広告に反応したユーザーの情報(架空データ)
データの所在・所有者
データ収集方法やコスト GoogleやFacebookにて配信された広告のクリック情報から収集
データの共有について 共有不可
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類
データの変数(パラメーター)の変数名 広告ID|ユーザーID|年齢|性別|地域|使用デバイス|反応した時間帯|商品購入の有無
データの概要説明 各広告について、どのようなユーザーが反応しやすいかの傾向や人々の関心を寄せやすい広告の特徴などの分析に有用です。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 広告作成におけるクラスタリングを通じたターゲットマーケティング 同一ユーザーが興味を示した複数の広告について分析を行うことで、ある属性を持つユーザーの興味を寄せやすい広告の作成が可能になる。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 同一ユーザーを介した広告同士のネットワーク図の作成
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール 各広告の要素・属性データ(画像や文章などのデータ)
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。