AIコンサルで導入を検討する変化指標

  • 作成日:2018年05月17日 最終更新日:2018年05月17日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 AIコンサルで導入を検討する変化指標
データの所在・所有者 東京大学大澤研究室
データ収集方法やコスト アンケートによる 接触回数の頻度による
データの共有について 範囲を限定して共有可
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 一人が操作できるようになるまでの時間|アンケートによる説明会の満足度|解決した悩みの具体事例数|一つのタスクをこなすのにかかる時間|説明者の経験時間|AI操作の手数
データの概要説明 AI導入をしたいが、何も知らない企業に対してAIの認知度合いを高めてAIの導入を検討するまでの変化の程度を表したもの
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス AIコンサルが持ってる説明力とそもそものAI導入のメリットが持つ魅力がどれだけの影響を企業に与えているのかを図る
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) AIコンサルが与える影響力を数値化
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 AIコンサルの影響力を評価するのに使われているが、一つの言動が人の行動にどれだけの影響力を発揮するかのシミュレーションに使える可能性もある。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。