体感温度マップ

  • 作成日:2017年12月05日 最終更新日:2017年12月05日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 体感温度マップ
データの所在・所有者
データ収集方法やコスト 環境計測器は主に気象庁が保有していると思われるので、体感温度+位置情報を提供してもらう。
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 その他
データの変数(パラメーター)の変数名 時刻|位置情報|体感温度
データの概要説明 環境計測器のデータ(体感温度)を位置情報と併せたデータ。 色分け(濃淡)で体感温度を表現したものを並べてマップ化する。 GoogleMapに重ね合わせると、夏や冬ですごし易い場所を見つけられる。 環境計測器の設置場所が更に増えれば体感温度良好スポットが見つかる。 (気象庁の管轄かも) ビル毎の消費電力マップがあれば、さらに重ねることで省エネスポットが見える可能性がある。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 体感温度+位置情報を色分けした濃度のマップに加工する。 GoogleMapに重ねて見ることで体感温度が良好な場所が見える。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 体感温度が良好な場所で観光場所があれば、地域活性化の一環でアピール可能。 ビル毎の消費電力マップがあれば、さらに重ねることで省エネ対応が可能な場所が見えてくる。 体感温度良好な場所を見つけたら、その理由を分析することで他の地域にも体感温度を良好にする方策が見つかるかも。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。