顔の向きと視線検知センサ

  • 作成日:2017年10月02日 最終更新日:2017年10月02日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 顔の向きと視線検知センサ
データの所在・所有者
データ収集方法やコスト 現在、ドライバモニタリング用で開発中ではあるが、スポーツ練習用のヘッドギアへの実装で練習時に活用することは考えられる。
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値 時系列 画像
データの変数(パラメーター)の変数名 顔の向き|視線方向
データの概要説明 http://www.omron.co.jp/press/2017/09/c0927.html 自動運転時のドライバモニタリング用のセンサ。 ①ドライバーが運行の状態を注視しているか (Eyes ON/OFF)、②ドライバーがどれだけ早く運転に復帰できるのか (Readiness High/Mid/Low)、③ドライバーが運転席にいるか (Seating ON/OFF) の3つの指標で、「ドライバーが運転に集中できる状態か」を判断する技術を搭載した、世界初の「ドライバー見守り車載センサー」
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス スポーツ選手の顔の向き、視線の方向(目配せ、フェイント、状況確認)等とパフォーマンスの関係について考察することができる。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。