新聞記事上の分散表現の時系列変化と企業業績の連動性

  • 作成日:2017年06月12日 最終更新日:2017年06月12日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 新聞記事上の分散表現の時系列変化と企業業績の連動性
データの所在・所有者 東京大学大学院工学研究科
データ収集方法やコスト 日経電子版の記事による
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 COS類似度(COS(X Y)=(X・Y)|(|X||Y|) ある年とある年を比べたときの企業の評判の変化)|C(企業業績)|WT(企業wのt年でのモデル分散表現(t=2012~2016))|R(COS類似度と企業業績の相関係数)|DATA(日経電子版の記事)|ユークリッド距離(2012年~2016年の企業の評判の変化)
データの概要説明 日経電子版の記事の分散表現から、cos類似度、ユークリッド距離を用いて、企業の評判の時系列変化を求める。また、cos類似度と企業業績に相関関係があるか調べる。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス cos類似度、ユークリッド距離によって、企業の評判の変化を示すことが出来ると言うことを基にしている。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) cos類似度と企業業績の間に有意な相関が見られた企業は129社中5社しかなかった。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 cos類似度、ユークリッド距離を用いた、分散表現の時系列変化の表現は、企業以外のの評判にも用いることが出来る。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。