主要道路の交通量データ

  • 作成日:2017年05月31日 最終更新日:2017年05月31日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 主要道路の交通量データ
データの所在・所有者 国土交通省
データ収集方法やコスト 「GPSデータによる」 「手計測による」 「ETCのデータによる(高速道路)」 「(未実現)全ての自動車に発信機などを装備する事で各車の位置情報を一元的に入手する」
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 グラフ 数値 映像 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 天候|各定点における交通量|時間|道路沿いの店舗の分布
データの概要説明 主要な道路の各定点における交通量を時間帯及び天候毎にデータ化する。目的は以下の通り。①道路沿いへの新規出店の検討等を行う際のサポート。②道路沿いの既存店舗の経営最適化を行う際のサポート。③主に高速道路を対象に、渋滞緩和を目指した効率的な割引制度など、よりよい料金体系の構築を行う際のサポート。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 高速道路及び下道の交通量を網羅的に把握することで、道路沿いの店舗の経営の最適化に貢献する。また、高速道路の割引など、料金体系を最適化する事で、道路インフラの最大限の活用及び利用者の満足度の向上を目指す。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 大きな利益を見込む事が出来る新規出店可能エリアの可視化 新たな高速道路料金体系
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 信号の設置位置の最適化にも使えるかもしれない。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。