四川大地震被災者生活復旧データ

  • Last Update:July,21,2016 Created:July,21,2016
  • Comment
  • Like
  • Favorite

Public

Profile

Title of the dataset 四川大地震被災者生活復旧データ
Provenance of the dataset
How were the data collected/created? What was the cost? 調査方法:面接法による半構造化インタビュー。
Data sharing policy Other
Data sharing policy

About data analysis and simulation

Type of data: Check all that apply. Use "Other" to specify other types so that we can include them in further updates. text movie voice
Variable labels of dataset (the names of the variables) 将来の生活についてどう思うか|災害についてどう思うか|自分にとって四川大地震はどんな意味をもっていると思うか|今の生活についてどう思うか|毎日のくらし(すまい、仕事、健康、人間関係など)にどのような変化があったか|くらしが落ち着いたと思うのはいつか
Outline of data 四川大地震で大きな人的・物的被害を受け、集団移転先地である新北川県の災害復興住宅にくらす被災住民へのインタビュー調査。地震直後から4年間の、生活復旧の実際や今後の見通しなどについて語っていただいた。調査期間:2012年2月28日~同年3月5日。調査対象者:新北川県城の災害復興住宅に住む被災者(要件:四川大地震により甚大な人的・物的被害を受けている、30歳代~50歳代、当該世帯における生活の中心的担い手)。サンプリング台帳は、訪問した復興住宅の2011年時点の住民登録データ。実際のサンプリングは、このリストをもとに電話、訪問等で対象者条件に合う住民10名を選ぶかたちで行った。
Simulation process
Expected outcome of the process (obtained knowledge, analysis results, output of tools)
Anticipation for analyses/simulations other than the typical ones provided above

Other

Comments
What kind of data/tools do you wish to have?
Visualized information
Sample data
  • ※知識グラフ:このデータに関するソリューション・要求および関連するデータの関係性を示すグラフ

Comment form

captcha

Please check the terms of use here.

関連するトピック

関連するトピックはありません。