予防安全性能評価

  • 作成日:2015年11月16日 最終更新日:2015年11月16日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 予防安全性能評価
データの所在・所有者 自動車事故対策機構
データ収集方法やコスト 被害軽減ブレーキ(前方自動車との衝突に対して):試験車を時速10~60km/hで模擬車両に後方から接近させ、被害軽減ブレーキの作動試験をします。 車線はみ出し警報:試験車を時速60km/hまたは70km/hで走らせ、道路の白線からはみ出した時に、警報を発するか否かの試験をします。
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類
データの変数(パラメーター)の変数名 試験車|グレード|被害軽減ブレーキ確認作動域|被害軽減ブレーキ試験における減速度による得点の総合計|車線はみ出し警報検出装置|メーカー|車種名|車線はみ出し警報の装備状況|警報を開始する速度に応じた得点|排気量|車線はみ出し警報確認動作域|被害経験ブレーキ検出装置種類|被害経験ブレーキの装備状況
データの概要説明 国土交通省と自動車事故対策機構は、衝突が避けられない場合に自動でブレーキをかける技術など自動車の先進安全技術について新たに評価を始めました。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。