Telecommunication Network Model of Central Tokyo

  • 作成日:2015年11月16日 最終更新日:2015年11月16日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 Telecommunication Network Model of Central Tokyo
データの所在・所有者 Furuta & Kanno Lab., UTKYO
データ収集方法やコスト Created by NTT-AT for the research project funded by JST-RISTEX. The data themselves are not open to the public.
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 グラフ 時系列 画像
データの変数(パラメーター)の変数名 DISTRIBUTION OF HOLDING TIME|DEMANDS VARIABILITY IN A DAY|NETWORKTOPOLOGY|CAPACITY OF COMMUNICATION LINES|CALL DEMANDS BETWEEN SPECIFIC REGIONS|ROUTING OF COMMUNICATION LINES|LOCATION OF EXCHANGE FACILITIES
データの概要説明 These data describe the network structure of NTT telecommunication service. It is not the real data, but created from the real data for rough evaluation of the network system.?
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 1. Generate a call following the call frequency 2. Determine the communication route, both logically and physically 3. Evaluate the occupation rate of the communication lines and facility 4. Evaluate the call loss probability and bet the call 5. Eliminate the call that terminates in the present time step 6. Repeat from the top
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) Time dependent call loss probability under certain scenarios, which is an inverse measure of the reliability and robustness of the telecommunication network.
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 It is possible to identify where the bottle necks exist in the telecommunication network. It will also be possible to generate a proper recovery plan of the damaged system referring to the result of this analysis.

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール The actual network model is desirable, but the real data are private data within the telecommunication companies.
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。