旭硝子の技術

  • 作成日:2015年11月11日 最終更新日:2015年11月11日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 旭硝子の技術
データの所在・所有者 旭硝子の東京モーターショーパンフレットより
データ収集方法やコスト
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 グラフ 数値
データの変数(パラメーター)の変数名 透過度|反射率|剛性
データの概要説明 東京ビックサイトで開催される旭硝子の展示について。 今回、展示ブースでは、「Plus!~明日のあたらしいを、プラス。~」をテーマに、安心・安全・快適なクルマやくらしに貢献する最新製品・技術と進化の可能性を紹介する。? ブースの舞台設定は2020年のターミナル駅。国内外の観光客をはじめ、多様な人々の利用を想定した中で、旭硝子のガラスや化学・セラミックスなどの製品・技術が、これからのクルマづくりや、くらしづくりにどのような「Plus!」の価値をもたらすのか体感してもらう。? 自動車技術: 運転者、同乗者を暑さや紫外線から守る事で車内を快適にし、様々なセンサーで運転の安全性を高めていく。 AGCの技術は安全で快適なドライブシーンを支えています。 調光ガラス:Wonderlite スイッチ一つでルーフガラスの色を変化させる事ができます。また、ガラス色に関係なく、紫外線、赤外線をカットできるので、快適なドライブシーンを演出します。 高耐熱絶縁フッ素ゴム:AFLAS 耐熱・絶縁・耐候性を高めたフッ素ゴムで、電線の被覆材に使用されます。自動車内部のワイヤーハーネスの軽量化が実現できるため、車両軽量化に貢献しています。 自動車の目に見えないところでACGの技術が活躍 未来の自動車にとって重要目となるセンサー。 センサーにもAGCの技術が貢献しています。 1.センサー精度を高める技術 センサーの中には様々なフィルターが詰まっていますが、これらは、センサーに必要な情報(近赤外線や遠赤外線など)を選択して取り出すことや、画像を鮮明にすることなどに寄与しています。 2.いつでもどこでも機能させる技術 精密機器であるセンサーは、環境の変化に弱いもの。寒さや暑さにも左右されずに、嵐の中でも傷つかずに、普段のように機能することが大切です。また、夜のような視界が悪い状況でも、環境に適したセンサーが求められる
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。