食の安心、安全を左右するデータ

  • 作成日:2015年01月11日 最終更新日:2015年01月11日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 食の安心、安全を左右するデータ
データの所在・所有者 商品製造企業、販売企業、消費者、医療機関、消費生活センター
データ収集方法やコスト 企業が保有しているデータの提供、専門機関が保有しているデータの提供、アンケート調査
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 グラフ テキスト 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 消費者情報:被害公開|健康被害情報:長期症状|生産者に関するデータ:生産者|健康被害情報:食中毒|消費者情報:年齢|販売者に関するデータ:保管場所|企業対応:一般対応|健康被害情報:アレルギー症状|企業対応:被害者対応|製造者に関するデータ:加工日時|健康被害情報:怪我|製品イメージ|消費者情報:購入記録|製造者に関するデータ:加工場所|販売者に関するデータ:販売記録|製造者に関するデータ:衛生状況|生産者に関するデータ:原料生産地|生産者に関するデータ:生産日時|製造者に関するデータ:従業員|製造者に関するデータ:製品ID|企業対応:消費者対応|消費者情報:既往症
データの概要説明 食品産業において、商品の安全性や商品に対する安心感を支えたり、逆に失わせたりする要因には何があるのか
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス データ照合 健康被害の発生時、製品に関する情報を包括的に参照できる
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 加工場所従業員情報/施設内記録/名簿、入退、健康状態
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 健康被害を引き起こす未知の要因を探る 健康被害の発生要因を迅速に突き止めるシステムの構築 消費者トラブルの公表と事件規模の関係

その他

自由記述 データジャケットとは異なるが、類似した例を集積・共有して健康被害に関する情報を広く社会で共有できる仕組みも構築したい
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。