WebユーザーのWebアカウントクロスID情報

  • 作成日:2014年01月27日 最終更新日:2014年01月27日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 WebユーザーのWebアカウントクロスID情報
データの所在・所有者 IFTTT
データ収集方法やコスト IFTTTは2010年12月に設立されたサンフランシスコのベンチャー企業で、独自のサービスから上記のような個人IDの付け合せデータを収集している。例えば、DropBoxのあるアカウントIDとFacebookのあるアカウントIDは同一人物であるというデータだ。 このようなデータが通常に売買可能かどうかは、難しい問題だが、間接的に利用が可能かもしれない。
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 その他
データの変数(パラメーター)の変数名
データの概要説明 今日、多くのユーザーが多様なデバイスで多様なWebサービスを利用している。 彼らは、CookieやアカウントID、メールアドレスなどを複数所持して使い分けているため、個人をそのアカウント間での個人一致は難しい。 しかし、このような個人を特定するIDやCookie情報の付け合せデータを収集している企業がいる。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述 上記の企業はアメリカのベンチャー企業ですが、米国のデータに対する積極的な企業努力は凄いものだと感じています。 日本も負けずにがんばりたいものです。
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。