電力基幹系統を考慮した最適電源構成モデル

  • 作成日:2013年12月22日 最終更新日:2013年12月22日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 電力基幹系統を考慮した最適電源構成モデル
データの所在・所有者 東京大学藤井・小宮山研究室
データ収集方法やコスト 文献からの情報収集
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値
データの変数(パラメーター)の変数名 発電設備の技術データ(変換効率)|発電設備の技術データ(コスト)|電力基幹系統のコスト|エネルギー需要|電力基幹系統の送電容量|電力基幹系統の配置|発電設備の技術データ(負荷追従率など)
データの概要説明 基幹系統も含めた電力システム全体のコストが最小となる経済合理的な電源構成を求めるツール。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 最適化(線形計画法)
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 電源構成、分散型電源(太陽光、風力、コジェネ)の導入量や最適配置、基幹系統容量、エネルギー消費量、二酸化炭素排出量、発電コスト
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 高圧ガスパイプラインも新たにモデル化すれば(現在、検討中)、電力、ガスの分析ツールとして使える可能性。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。