Music data divided into each track

  • 作成日:2013年11月23日 最終更新日:2013年11月23日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 Music data divided into each track
データの所在・所有者 Musicians and record companies
データ収集方法やコスト Usually, every instrument is recorded alone. Mixing is done after the recording. Thus, the data are created while making songs and stored in computers.
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 音声
データの変数(パラメーター)の変数名 TRACK (WAV DATA)
データの概要説明 Usually the music we listen to consists of various tracks, such as vocal, chorus, synth, bass, pad, kick, snare, hat and so on. These individual tracks are valuable for DJs (not data jackets, but music DJs) to make their own mixes of music. Musicians and their record companies have the sound data but they do not usually make them available for the public.
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス These data are not typically used for analysis. With software such as Sonar, ProTool, Cubase, and Garage Band, these tracks can be mushed up with one another to create a new mixture of tracks.
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) Mixture of tracks, new music mush-ups, hip-hop samplings.
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール Actually, what I have written above is the type of data that I wish to have. Not only me but millions of amateur DJs want to have the data. We all know who has them but there are no established way to get them.
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。