自動車台数(横浜)

  • 作成日:2013年11月17日 最終更新日:2013年11月17日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 自動車台数(横浜)
データの所在・所有者 http://data.linkedopendata.jp/dataset/yokohama-statistics-book-11
データ収集方法やコスト http://data.linkedopendata.jp/dataset/yokohama-statistics-book-11 Webでフリーで提供 資料:国土交通省 関東運輸局 神奈川運輸支局 登録部門、財政局 主税部 税務課
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 被けん引車台数|地域名|軽自動車|大型特殊台数|特種用途台数|総数|普通台数|小型二輪台数|年度 H12-H23|小型台数|台数
データの概要説明 事業用とは、道路運送法4条により国土交通大臣の免許を受けた運送事業者がその事業のために使用する自動車をいいます。(1)「被けん引車」とは原動機のない車体のみの車でトレーラーなど、(2)「特種用途車」とは救急車、消防車、タンクローリー、コンクリートミキサー車、冷凍車など特種の用途に使用される、(3)「大型特殊車」とはロードローラー、フォークリフトのように特殊の製造をしたもの、(4)「小型二輪車」とは総排気量が 250ccを超えるオートバイ、(5)「軽自動車」とは総排気量660cc以下(二輪車は250cc以下)のものをいいます。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス このデータは、データ地域の産業の動きとの関連が分かるだろう
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述 注1)分区した区の台数は、新区になって登録されたものは新区に、それ以前に登録されたものは分区前の区に加算されています。 2)軽二輪の数値については、「市税賦課額調」を資料とし、次年度当初の軽二輪と軽三輪の合計です。
入手したいデータ/ツール この欄は分析に関する欄に入れたほうが良い。ここでは、道路の長さ、広さ、鉄道、電力使用料などと結合したい。
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。