孤独に過ごせる時間

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 孤独に過ごせる時間
データの所在・所有者 各個人
データ収集方法やコスト アンケート、ヒアリング、文献調査など
データの共有について 未定
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 仕事時間|家事時間|同僚の人数|同居家族の人数|スマホ操作時間|テレビ視聴時間|移動時間|会話の速さ|食べる速さ|曜日|睡眠時間
データの概要説明 「社会生活の幸福度」を示すデータとして、各個人が1人で自由に過ごせる時間を指標とする。
家事、仕事、移動、各種コミュニケーションなど、時間に追われがちな現代人が、孤独に気ままに過ごせる時間がどれだけあるのかを示すデータ。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス ・各個人の孤独時間の時系列データを分析。
・必要に応じて各個人に関するデータ(職業や年齢など)を追加取得して、ケース分類して分析。
・日付や曜日別に分析。
・確保できている孤独時間の満足度に関するデータを追加取得して、孤独時間と満足度との相関関係を分析。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) ・日付別、曜日別の分析により、年間の繁忙期/閑散期を明示。
・職業別の分析により、就職/転職活動に資する情報を提供。
・年齢別の分析により、世代毎の繁忙度を指標化。
・孤独時間が長ければ長い程、幸福度が高いとは限らない。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール

コメント一覧

  1. 大澤 より:

    このしあわせ感は、とても分かります。他の人と一緒にいることの幸福度とのトレードオフの関係にあるので、いっしょに棲んでいる人やその数についての情報があったほうが良いのではないしょうか。

    あと、分からない点としては、そもそも我々はなぜ一人の時間をしあわせと感じ、同時に人と一緒にいる時間も幸せと感じるのでしょうか。さらに、この両方を同時に満たすことは可能でしょうか?

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。