24h首都圏パーソントリップODデータ

  • 作成日:2019年12月02日 最終更新日:2019年12月02日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 24h首都圏パーソントリップODデータ
データの所在・所有者 首都圏目的別交通量データ
データ収集方法やコスト 文献からの収集
データの共有について 条件により共有可(必要に応じて交渉)
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類
データの変数(パラメーター)の変数名 トリップ数(交通量)
データの概要説明 私事目的、通勤目的、通学目的、就業目的のトリップ数を発生場所と集中場所の組みでまとめたexcelファイル 指定すれば交通手段別で出力することができる。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 地震等の災害で交通が麻痺した際の帰宅困難者が多く住む地域、多く働く地域が予測される。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 通勤目的の交通量に注目すると家のあるゾーンまでの距離が10km以内なら0、10km~20kmでは(距離-10)/10、20km以上離れていれば1とする簡単な帰宅困難者数のモデルを用い、GISデータ上に出力する。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 満員電車や渋滞が発生しやすい地域についての考察

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール 各地域における年齢階層別の人口
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。