新時代の新モビリティ開発

  • 作成日:2019年02月14日 最終更新日:2019年02月14日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 新時代の新モビリティ開発
データの所在・所有者 バス会社、電鉄会社、携帯キャリア会社、統計局の住民データ。
データ収集方法やコスト バス及び電鉄各社の乗降客数、定期購入者の年齢、移動区間、シルバーパスの発行履歴、携帯キャリアの契約データによる年齢、移動区間、病院・信号機近くの監視モニターデータ、東京都統計局による地域の住民データの活用。
データの共有について 一般的に共有してよい
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 数値 映像 時系列 画像
データの変数(パラメーター)の変数名 天候|年齢|高齢者が信号・踏切を渡るための平均時間|事故による道路渋滞状況。|バス・電車の乗降に掛かる平均時間。信号切り替わり時間・踏切の時間帯別遮断時間|移動距離|性別|移動回数
データの概要説明 超高齢化時代に高齢者の自立を支える新モビリティ開発 少子高齢化による労働人口の低下と超高齢化にむけて、人力を最小限にした、都市の高齢者が安全・簡単に移動できるモビリティの開発を行う。 高齢者の車の事故防止、信号等でのトラブル防止、電車の階段等の乗降による不自由さの改善を目的とし、高齢者が移動を多くする区間において、同路面との段差が無い、乗り降りが安全で簡単な自動運転の循環トラムを運転する。 駅・バス停・信号機・病院・スーパー近くのポイントで乗り降りが自在にできる。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) 高齢者の日常の移動範囲はさほど大きくないと思われ、地域の狭い範囲を安全に移動できるだけで生活利便性は大きく向上する。高齢者の歩幅、乗降にかかる時間に合わせたモビリティの開発により、自宅から病院・スーパーへ安全・簡単に移動することで高齢者に移動の自由を保障し、高齢者の自立を支える。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 高齢者のみならず、車椅子移動の方々や障害を持つ方、子供同士の移動需要にも対応する。

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。