災害時のニーズ

  • 作成日:2014年06月25日 最終更新日:2014年06月25日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 災害時のニーズ
データの所在・所有者 私が所属する工業系プランナー会社
データ収集方法やコスト 実際に避難所を利用した人から(避難所を提供管理する側、避難所利用者ともに)
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 グラフ テキスト 数値 時系列
データの変数(パラメーター)の変数名 避難所の場所|災害発生からの経過時間|何があると気が楽になるか、助かるか|避難所の規模|避難所に建物として求めるもの|必要な物資は何か|避難所の立地条件(周囲の環境、気象ETC)
データの概要説明 災害時における避難所利用者の避難所へのニーズ
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス データ分析の意図:避難所のニーズを、物資、施設の構造や性能、精神的なものの3つの観点から詳細に把握 物資のニーズはよく叫ばれているから比較的把握しやすい。しかし、今回はロバストでレジエントな街をつくるために避難施設そのものを新たに考案するため、避難施設の構造や性能そのものに対するニーズを把握したい。そして、その満足度には精神状態も影響してくるかもしれないので、その相関があるか否かを確かめるために精神的なニーズも考慮した。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など) どのような避難施設が望まれるか、抽象的な一般論でなく、詳細にかつ、場所に応じてわかる。
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析 サービス業への応用可能性 その避難所がある地域の弱点(ニーズが大きい、特殊なものである場合)→その街の都市計画に生かせる

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。