ソフトバンク M2M ソリューション プログラム (SMSP)

  • 作成日:2014年03月25日 最終更新日:2014年03月25日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 ソフトバンク M2M ソリューション プログラム (SMSP)
データの所在・所有者 ソフトバンクテレコム社
データ収集方法やコスト 「SMSP」では、ソフトバンクモバイルおよびウィルコムの回線をコアに、各サービスレイヤーにおけるM2Mアライアンス・パートナーとのエコシステムにより、企業のM2Mシステムの構築および運用をトータルにサポートします。さらに、世界約200の国や地域で利用できるグローバルでのモバイル回線およびセキュアな国際通信ネットワーク(IP-VPN)も提供します。また、各種センサー機器から収集した大量の情報を活用するビッグデータ分析活用サービスを、クラウド型のプラットフォームサービスとしてオプション提供します。
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 その他
データの変数(パラメーター)の変数名
データの概要説明 携帯電話やスマートフォンの接続率と利用者の満足度を調査することで、費用対効果の高いエリア対策を実施できるようにした。アプリを介して収集する、月間3億件の通信情報を分析する。地図と組み合わせたエリアデータは月間8000万件に上るという。Twitterの投稿から自社の評価も分析する。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。