秋田美人

  • 作成日:2014年01月16日 最終更新日:2014年01月16日
  • コメントする
  • いいね
  • お気に入り

全体に公開

提出者情報

データジャケットの題名 秋田美人
データの所在・所有者 秋田県、化粧品メーカー、秋田大学など
データ収集方法やコスト 化粧品会社データ(ポーラ)、病院、秋田大学新野直吉先生のデータなど。
データの共有について その他
データの共有について (その他を選ばれた方)

データの分析・シミュレーションについて

データの種類 グラフ テキスト 数値 映像 時系列 画像 音声
データの変数(パラメーター)の変数名 秋田県出身者の女性画像DB|肌の透明度
データの概要説明 秋田美人の一番の特徴は肌の色の白さ。年間の日照時間が日本一少ないということも影響しているようである。(1966年、秋田県湯沢市の医師である杉本が、女性の色の白さの計測結果を文藝春秋 (雑誌)8月号で発表した。秋田県南三郡 30.5% 秋田県全体 29.6% 日本人平均 22.0% 白人 40.5%)日照時間の多さ日本一(都道府県別)は山梨県で2249時間、一報秋田県は1453時間。ちなみに秋田美人の代名詞となっているのが、秋田県出身とされる「小野小町(世界三大美人の一人)」。その影響もあり秋田では「こまち」とつくものがとても多くなっている。 もうひとつのデータとして、秋田は人口あたりの美容室・理容室の数が日本一。女性の身だしなみという点でも秋田美人と言われる所以なのかもしれない。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセス 被災者への慰問やボランティアなどでの癒し効果を期待。
想定しているデータの分析・シミュレーションプロセスの結果 (データ分析結果/ツールの出力/典型例など)
上記の分析・シミュレーションプロセス以外に期待する分析

その他

自由記述
入手したいデータ/ツール
可視化情報
サンプルデータ

コメントフォーム

captcha

利用規約はこちらからご確認下さい。